イメージ画像

甲状腺被曝 症状 検査方法は? 福島原発事故との関連は?

スポンサーリンク

7月20日の記者発表によると、東京電力福島第一原発事故で、

放射性ヨウ素による甲状腺被曝(ひばく)量が、臓器の局所被曝量を表す等価線量で

100ミリ・シーベルトを超えた作業員は、推計で1973人に上ることが東電の調べでわかりました。

気になる甲状腺被曝 症状、検査方法についてまとめました。

福島の子ども 甲状腺被曝は?

甲状腺被曝 症状は?

甲状腺被曝の症状としては、下記のようなものが報告されています。

(1)だるさが残り、身体がふらつくような感じがする
(2)常に吐き気を感じる
(3)側頭部全体に内側から膨張するようなズキズキした痛みがある
(4)皮膚に腫れ物や痣(あざ)のようなものができた
(5)むやみに鼻血がでる、鼻をかむと血が混じっている
(6)顔が膨れて見える
(7)肌の色が抜け赤い小さな発疹が現れる
(8)指先が冷え、目が疲れる
(9)手の甲、指先に小さなホクロが現れる

喉、鼻、皮膚、お腹、下痢、体がだるいなど

甲状腺被曝 検査方法は?

甲状腺被曝 検査方法はこちらに詳しいレポートがありました。

この例の場合、単独で受ける場合は1回9500円(2月末まで。正規料金1万2600円)、セットで受ける場合は1万4000円(2月末まで。正規料金2万3100円)となっていますので
気軽に受けておくと良いかもしれませんね。
http://rocketnews24.com/2012/01/17/173266/

甲状腺被曝 福島原発事故との関連

甲状腺被曝 福島原発事故との関連についてはいろいろな説が出ていますが、

どれも因果関係を決定づけるデータとしてはまとまっていないようです。

今後長期的な経過を見守っていくしかなさそうです。

  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録
スポンサーリンク

タグ

このページの先頭へ