イメージ画像

アンドレアス・グルスキー展 国立新美術館 混雑状況は?

スポンサーリンク

アンドレアス・グルスキー展国立新美術館国立国際美術館で開催されます。

アンドレアス・グルスキーは巨大写真で知られるドイツの写真家。

注目が高まっており今回は多くの来場者が予想されます。

気になる混雑状況は?

アンドレアス・グルスキー展 概要(東京)

会期

2013年7月3日〈水〉→9月16日〈月・祝〉
夏休み期間と重なる日付はかなりの混雑がありそうです。

会場

国立新美術館 企画展示室1E


大きな地図で見る

開館時間

 

10:00-18:00 金曜日は20:00まで
※入場は閉館の30分前まで

アンドレアス・グルスキー展 混雑状況

平日はかなりスムーズに楽しめるようです。

土日・祝日もほどほどに混雑はしていますが、

激しい混雑はなさそうです。

お盆休みにはさすがに激しく混雑が予想されますが、

その他は比較的スムーズに楽しめそうです。

最新の情報は

ツイッターで手に取るように分かりますので

参考にしていきましょう。


  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録
スポンサーリンク

タグ

このページの先頭へ