イメージ画像
アドセンス

大浮世絵展 混雑状況 日程は?

大浮世絵展江戸東京博物館で開催開始しています。気になる混雑状況はどうなっているでしょうか。
気になる混雑状況の情報をまとめました。

キャッチコピーは浮世絵の教科書

浮世絵の教科書ということで、浮世絵の名品を日本国内および世界各地から一堂に集めるものです。

誰もが一度は目にしたことのある代表的な作品約430点により、浮世絵の全史を楽しめます。

まさに浮世絵の“教科書”、“国際選抜”となる展覧会です。

大浮世絵展 日程

【東京】

2014年1月2日(木)~3月2日(日):江戸東京博物館

【名古屋】

2014年3月11日(火)~5月6日(火):名古屋市博物館

【山口】

2014年5月16日(金)~7月13日(日):山口県立美術館

東京では新春から~名古屋では春、山口では夏までの期間楽しめます。

大浮世絵展 混雑状況

やはり人気の大浮世絵展、なかなかの混雑となっているようです。

昼頃は人気の展示の前では十数分の行列になることも。 開始したばかりの 1月 2,3,4は非常に混雑しました。

ツイッターでも混雑状況が報告されているようです。

夕方以降になるとだいぶ落ち着くようです。

江戸東京博物館では、公式ツイッターで混雑状況がわかりますので

チェックして行きたいですね。


タグ

2014年1月8日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:芸術

このページの先頭へ