イメージ画像
アドセンス

ゴルフ エージシュートとは 尾崎将司(66)が達成 これまでの記録は?

ゴルファーの憧れ「エージシュート」を66歳の尾崎将司選手が達成しました。

18ホールを62打で回り、「エージシュート」達成となりました。

 

国内男子レギュラーツアーで「エージシュート」が達成されたのは 初めて となります。

 

「エージシュート」の難しさ、これまでの記録についてまとめました。

 

エージシュートとは?その難しさとは?

 

「エージシュート」とはゴルフの1ラウンド(18ホール、 パー72前後)を

 

自分の年齢と同じスコア・打数かそれ以下で終えること。

 

 

例としてタイガーウッズの2005年平均スコアは68.66だったように

トッププロのスコアは60代後半であることから、

「エージシュート」は年齢が60代後半以降にならなければ達成は難しく、

技術維持はもちろん健康維持との闘いとなります。

 

 

 

日本プロゴルフでの達成記録

 

男子レギュラーツアー

2013年4月25日 尾崎将司 つるやオープンゴルフトーナメント第1ラウンド 67歳で「66」

 

シニアツアー

2007年 青木功 「日本シニアオープン」65歳で「65」

2008年 青木功 「鬼の城シニアオープン」66歳で「66」

2010年 青木功 「ザ・レジェンド・チャリティプロアマトーナメント」66歳で「62」

2008年 杉原輝雄 「杉原輝雄メモリアル第4回旭川オープンゴルフ選手権大会」71歳で「70(予選),71(決勝)」

 

日本エイジシューター協会とは

塩爺こと塩川正十郎氏が名誉理事長を努める一般社団法人です。

全日本エイジシューターマスターズ選手権を主催しています。

【送料無料】ある凡人の告白 [ 塩川正十郎 ]

【送料無料】ある凡人の告白 [ 塩川正十郎 ]
価格:1,575円(税込、送料込)

塩川正十郎さんは1921年10月13日生まれの91歳ですので、91で回ればエージシュート達成ですね!

タグ

2013年4月29日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:スポーツ

このページの先頭へ