イメージ画像
アドセンス

新生児、赤ちゃんの乳児湿疹 通常はいつからいつまで? ? 対応は? でもいずれ治ります

赤ちゃん の顔や体にできる乳児湿疹。できているときは心配になりますよね。でもいずれ治ります。

通常はいつからいつまでの時期にできるのでしょうか。知っておくと安心ですよね。

乳児湿疹の動画を公開されている方がいらっしゃいました。

乳児湿疹 いつからいつまで?

通常は、生後2ヶ月目~3ヶ月目でできはじめる例が多いです。

ピークは4ヶ月~6ヶ月目。

6ヶ月目以降治り始め、8ヶ月にはキレイに治るという場合がほとんどです。

乳児湿疹 対応は?対策は?

固形石鹸をよく泡立て使用する

おふろではせっけんよくあわだてましょう。ゴシゴシは禁物です、泡で汚れを包み浮かせるような感じで優しく
洗いましょう。

汗はこまめにふきとる

汗っかきな赤ちゃんですが、汗をかいたらそのままにせず、清潔なガーゼやタオルなどでふきとってあげましょう。

乾燥しないようにワセリンを塗って保護保湿を

空気が乾燥している日は特に注意して、ワセリンで保護保湿をしましょう。

やさしい素材の服を着せましょう

服は刺激の少ない綿にしましょう。、親も綿素材にするとよいでしょう。

つめのお手入れもしっかり

つめをよく手入れして、かいても大丈夫なようにしましょう。親子ともしっかり手入れしましょう。

赤ちゃんの顔にできる湿疹の正体

<iframe width=”420″ height=”315″ src=”//www.youtube.com/embed/QqzoHhsHgJE” frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe>

タグ

2013年8月31日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:病気

このページの先頭へ