イメージ画像

メタンハイドレートとは 実用化はいつ? 悪魔の資源?埋蔵量,関連銘柄,中国韓国は?,採掘場所グーグルマップ?

スポンサーリンク

メタンハイドレートとはそもそも何?実用化はいつ? 悪魔の資源といわれるのはなぜ?埋蔵量、関連銘柄
これで原発不要?石油国みたいに税金無しになる中国 韓国のこれまでの対応、採掘場所のグーグルマップなどなど

メタンハイドレートの気になるあの情報をお届けします。

メタンハイドレートとはそもそもなに?

メタンハイドレートはよく「燃える氷」と呼ばれます。

こんなに良く燃えるんです。

この氷のような形をしたメタンハイドレートに火をつけると燃え上がり、後には水が残るという不思議な物質です。

化石燃料の一種であるため、再生可能エネルギーには含まれていません

メタンハイドレートは「メタン(methane)」と「ハイドレート(hydrate)」の合わさった言葉ですが、

「メタン」は燃える天然ガスの主成分、「ハイドレート」は包接水和物のことで、

包接水和物とは水素結合による水分子のかご状構造の中に他の物質の分子が入り込んだものです。

なかなか難しい言葉ですよね。さらに詳しい情報は
メタンハイドレート資源開発研究コンソーシアムをご覧ください。

実用化はいつ?

メタンハイドレートの開発が始まってからもうずいぶんたっていますけど、

実用化っていつになるのでしょうか。

そもそもメタンハイドレートが南海トラフで発見されたのは2000年でした。

2002年には国際共同研究により、カナダのマッケンジー・デルタ Mallik 5L-38号井において、

世界で初めて地下のメタンハイドレート層から地上へのメタンガス回収に成功していますが、

2013年に愛知県と三重県の沖合で成功した世界初の海底からのメタンガスの採取は、

2012年2月に石油天然ガス・金属鉱物資源機構 (JOGMEC) が着手を発表し

2012年2月中旬に試掘を始め、それから1年程度

メタンガスの採取に至りました。

石油天然ガス・金属鉱物資源機構 (JOGMEC) によると、商業生産に向けた技術基盤の整備は、

2016~2018年度を予定として進めているということです。

ですから実際に大量のガスが商業生産されるのは、2030年ごろと考えられます

本格的な実用化にはもうしばらくかかりそうですね。

まだ様々な課題があるようです。

実用化への課題とは?

・深海油田以上の技術的困難
メタンハイドレートは深い海底のさらに地下に氷のような結晶の形で存在し、
流動性が無いので、石油やガスのように穴を掘っても自噴しないため
低コストでかつ大量に採取することは技術的に課題が多いです。

2013年の採掘ではメタンハイドレート層から海水をポンプで汲み上げることによって
メタンハイドレートを分解する減圧法を用いたとのこと。

・近年アメリカなどで開発が進む膨大な資源量のあるシェールガスに対しコスト競争力がなく、
現状ではアメリカなどのシェールガスの採取コストには全くかないません
また日本国内で別のガス資源開発に成功する可能性が高く、そちらが成功すれば
メタンハイドレートの開発の比重が下がる可能性があります。

悪魔の資源ってどういうこと?

悪魔の実といえば、食べた者は特殊な能力が身に付くなんていわれたりしますけど、

メタンハイドレートが悪魔の資源ってどういうことなんでしょうか。

じつはこれは以前週刊新潮

メタンハイドレート、悪魔の資源」っていう記事が出たようなんですね。

海底にあるから、海底掘ったら崩れておおごとだっていうようなね

でもよく考えたらそんなのばからしい話ですよね。

石油だって同じですからね。

けっきょくこれは、メタンハイドレートの開発が進められたら困る

既得権益を持っている人たちがデマを流したようなんですよね

たとえば天然ガスとか取り扱っている人々かもしれませんね。

メタンハイドレート 埋蔵量は?

今回の愛知県と三重県の沖合海底には日本の天然ガス使用量の14年分に相当するメタンハイドレートの埋蔵が見込まれています。

また、日本全体ではおおよそ日本の天然ガス使用量の100年分あるらしいですね。

ですが、もっと調査が進めば1000年分も見つかるかもしれませんね。

これで原発不要?石油国みたいに税金無しになる?

たとえばカタールは、石油天然ガスのおかげで医療費無料、所得税なし、消費税なしだったりするんですよね

日本もそうなるでしょうか。

現在は埋蔵量は100年程度しか見つかっていないので、輸出して稼ぐほどの量はないので難しいですね。

また上記のコストなどの課題を解決する必要があります。

コストなどの開発が進み、大量の埋蔵が発見されたらもしかしたら税金もなくなったりする

可能性もあるかもしれませんね。

メタンハイドレート 関連銘柄?

やはりこういう話は株価に直結しますから、関連銘柄は誰もが気になるところですね。

まずは以下の銘柄はすでに関連銘柄として注目が集まっていますね。

日本海洋掘削 1606
石油資源開発 1662
鹿島 1812
三井海洋開発 6269
三井造船 7003
三菱重工 7011
IHI 7013
応用地質 9755

これらは今回の試掘にも関連がありますので

大きく影響しそうですよね。

でもまだまだいくらでもありますよね。

たとえば掘削に必要なあの道具を作っている会社は

あの人材を育てている会社は?。。。

などなど、じっくり見極めてライバルに差をつけたいですね。

メタンハイドレート 中国韓国の出方は?

韓国が領有を主張する竹島の周辺、中国が領有を主張する尖閣諸島周辺にもメタンハイドレートは多く埋蔵されると言われています。

ですから、今後も領海侵犯を続けたり、海南省に巨大ガス精製施設、三亜~香港間に約800kmのパイプラインなどの

施設を建設してくるでしょう。

メタンハイドレート 採掘場所グーグルマップは?

今回の採掘場所は愛知県と三重県の沖合、だいたいこのあたりです。
採掘施設は見えるでしょうか?

大きな地図で見る

見えませんね。さすがに島のない海面は見えないようです。
ですからもちろん海上自衛隊護衛艦なんかも監視できませんね。

  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録
スポンサーリンク

タグ

このページの先頭へ