イメージ画像

消費税増税 いつから 時期 2013 まとめ

スポンサーリンク

気になる消費税増税の時期ですが平成26年4月1日から8%となっています。

2段階目は平成27年10月1日から10%です。

表にまとめると次の通りですね。

 

 消費税増税の時期
 施行時期  税率  施行時期(西暦)
平成26年4月1日  8%  2014年4月
平成27年10月1日  10%  2015年10月

 ただし、この増税法には「景気条項」と呼ばれる付則があるので、

 

必ずこの時期に上がるときまったわけではありません。

税率引き上げの条件として「経済成長率で名目3%、実質2%を目指す」

 

と明記されています。

ですので、この条件が満たされない場合は消費税増税は行われないことになります。

リーマンショックのような予期せぬ事態が発生する可能性もありますから

先のことはわかりませんね。

さらに、消費税が10%となる、2015年10月のタイミングでは軽減税率が導入されることが

与党の自民党と公明党で合意されています。

軽減税率は食料品など生活必需品の税率を低く抑えるためのもので、

低所得層への配慮を目的としています。

つまり品目によって消費税率が10%だったり、10%より低かったりするわけですね。

これについては多くの議論がありましたが結局与党間で合意がなされました。

デメリットとしては、

 

  • 税率、品目の設定により業種、品目により利害関係が生じ(税率高い品目は売れ行きが悪くなる等)、

政治的摩擦、利権の争いになりやすく、族議員がはびこる日本では、この政治的な利害調整が難しい。

 

 

  • 課税庁、事業者双方にとって事務負担の増大

課税側、事業者側とも複数税率に対応したシステムの用意や、対応する事務が必要になりますね。

 

 

日本の各政党の総選挙時の増税の考え方についてはこの党首討論会が記録になるでしょうね。
一部の政党をのぞきいずれも増税自体には前向きですね。

  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録
スポンサーリンク

タグ

このページの先頭へ