イメージ画像

モノマネ芸人 損害賠償請求 認められる!?過去の事例は!?円満のコツは?

スポンサーリンク

モノマネ芸人 損害賠償請求 認められる!?過去の事例は!?円満のコツは?

モノマネ芸人にマネされたタレントが不愉快!激怒!なんて話、よく聞きますよね。

本人だけでなく、タレントのファンが激怒してトラブルなんて事もあります。

そんなとき、モノマネ芸人に対して、名誉毀損などで賠償請求なんてできるのでしょうか。

著作権侵害で損害賠償請求はできる?

タレントの芸を録音、録画して許可なく放送、利用した場合は著作隣接権侵害にあたると
言えるかもしれませんが、

数分程度のモノマネでは著作隣接権侵害にあたらないため、損害賠償請求は
認められないでしょう。

誹謗中傷、名誉を棄損で損害賠償請求はできる?

これは程度の問題ではありますが、モノマネの内容があまりにもひどい誹謗中傷や名誉を棄損する
ものですと、不法行為(民法709条)が認められる可能性があります。

モノマネトラブル 過去の事例は

矢沢永吉さんとモノマネタレントの間でのトラブルが有名になりましたよね。
「オレで商売するな!」矢沢永吉”ものまね裁判”ロックスターのブチ切れポイント

ロック歌手・矢沢永吉のものまねタレントとして知られる石山琉大が、矢沢にホームページ上で「(石山に)名前を無断で利用された」と記されたことで名誉を傷つけられたとして、矢沢側に3,000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が25日、東京地裁で行われた。 斉木敏文裁判長は石山の訴えを棄却。これで矢沢側の全面勝訴がほぼ確実なものとなった。

この後和解されたようですが、タレントとモノマネ芸人の間ではこのような事がたびたび起きているようですね。

モノマネ芸人 タレントと円満のコツは?

モノマネ芸人として有名な松村邦洋ですが、タレントと円満な関係でいるための秘訣を語っています。

「ご本人への憧れ」
「愛することですね。ある意味、ストーカー。真似ることは学ぶことだと思っています」
「物まねしてもいいという許可をもらうのが大変な時代に、許していただいた感謝を忘れちゃいけない。好きでやっているだけなのに、本当にありがたいこと。幸せに感じています」
「感謝の気持ちを込めて、必ずお中元とお歳暮を送るようにしたら、西田さんから『ヒヒヒヒッと笑えばいい?』と歩み寄ってきてくれた」

ということで、お中元とお歳暮といった気配りを欠かさないことも秘訣だったんですね。

もはや神技!? 松村邦洋がモノマネでひとり『アウトレイジ ビヨンド』

  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録
スポンサーリンク

タグ

このページの先頭へ