イメージ画像

甘麹とは 甘麹の効果,効能は,作り方まとめ

スポンサーリンク

塩麹ブームの次は甘麹ブーム?甘麹とは?その特徴、効果、効能、作り方をまとめました。

甘麹とは?

甘酒の元になるもので、砂糖は入っていません

しかしこくのある甘みがあります。

甘酒にはお砂糖は一切入っていませんが甘いですよね。

麹菌が発酵する過程で作り出した酵素の働きで、

もち米に含まれるデンプンが分解され作られるブドウ糖

甘さを出しているのです。

飲む点滴」とも言われ、塩麹ブームに続き、甘麹ブームが盛り上がっています。

いま各料理番組や情報番組で紹介され、その効果、効能が取り上げられています。

甘麹 その特徴、効果、効能

甘麹 美肌効果

甘麹に含まれる必須アミノ酸は、天然保湿因子を増やし潤いを保つ効果があります。

その他パントテン酸、ビタミンB1・B2・B6・ビオチンなどの必須ビタミンにより、

新陳代謝が活発になり、お肌の再生を促し、お肌の乾燥を防ぎます

美肌効果のあるこうじ酸は、肌に塗っても効果があります。

甘麹 抑うつ改善効果

甘麹に含まれるビタミンやミネラルは、脳内の伝達物質の生成を助け、その働きをよくしてくれますので、

抑うつ改善効果により、気持が明るく前向きになります

甘麹 免疫力増強効果

甘麹は抗酸化力が強く、免疫力増強効果により風邪をひきにくくなります。ガン抑制作用にもつながります。

甘麹 デトックス効果

甘麹に含まれる酵素により腸内環境が整えられ、腸内の善玉菌が増えることにより、

デトックス効果を発揮します。

甘麹 ダイエット効果

糖質に含まれるペプチドやアミノ酸などの成分が脂肪の吸収を抑える効果もあり、

ダイエットにつながります。

甘麹 作り方は?

塩麹ブームでもおなじみの創業320年麹店「糀屋本店」女将の浅利妙蜂峰さん直伝の甘麹の作り方

材料
・麹 200g
・湯(約60℃)200cc
・冷ご飯 200g

[ 作り方 ]
1. ボウルに冷ご飯を入れ、60度のお湯を注ぎヘラでほぐします

2. 麹に1.を加えヘラで均一にまぜます

3. 2を炊飯器に入れ、フタはしないで乾いた布巾をかぶせます

4. 炊飯器の保温機能を使い55℃前後で温めます

5. 8時間からひと晩置けば完成!

甘麹毎日の食事に組み合わせて美味しく健康な食生活を送りたいですね。

  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録
スポンサーリンク

タグ

このページの先頭へ