イメージ画像

合計特殊出生率とは 計算方法,求め方 推移は?

スポンサーリンク

合計特殊出生率が厚生労働省により発表されました。

2012年1.41で、前の年よりも0.02ポイント上昇しましたね。

1.4を超えたのは平成8年以来16年ぶりです

でも合計特殊出生率ってあまりなじみのない言葉ですよね。

その計算方法,求め方、近年の推移についてまとめました。

ちなみに東京都の2010年の合計特殊出生率1.12で、全国平均と比較すると非常に低いんですね。

合計特殊出生率とは 計算方法,求め方は?

合計特殊出生率の計算は次のように行います。

出産可能年齢(15~49歳)の女性に限定し、各年齢ごとの出生率を足し合わせます。

これにより、一人の女性が生涯、何人の子供を産むのかを推計することができます。

たとえばこのように計算すると、

年齢階級(歳) 年齢階級別女子人口(人)① 母の年齢階級別出生数(人)② 母の年齢階級別出生率②/①×5
15~19 33,000 176 0.02667
20~24 32,000 1,379 0.21547
25~29 35,000 3,593 0.51329
30~34 39,000 3,464 0.44410
35~39 35,000 1,259 0.17986
40~44 36,000 150 0.02083
45~49 40,000 3 0.00038
250,000 10,024 1.40059

1.40059→1.40となります。

「15歳から49歳までの年齢別特殊出生率を総和したもの」と表現することもできます。

合計特殊出生率 推移は?

近年の推移は次のようになっています。

昭和60年 1.76

平成 7年 1.42

平成17年 1.26
平成21年 1.37
平成22年 1.39
平成23年 1.39
平成24年 1.41

このように近年はわずかながら上昇の傾向が見られますね。

1.4を超えたのは平成8年以来16年ぶり、今後の動向が注目されますね。

詳しいデータは厚生労働省により公開されています。

平成24年人口動態統計月報年計(概数)の概況
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai12/index.html

  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録
スポンサーリンク

タグ

このページの先頭へ