イメージ画像

ダイオウイカ 上野 国立科学博物館「特別展 深海」で展示 混雑状況 グッズは?

スポンサーリンク

ダイオウイカ 実物展示開始です。東京 上野 国立科学博物館で、7月6日から一般展示が始まりました。

「特別展 深海」のみどころ、混雑状況、びっくりなグッズとは?

国立科学博物館「特別展 深海」とは

話題のダイオウイカの展示や、潜水調査船「しんかい6500」の実物大模型、
厳しい環境に適応するユニークな生物の生 態解説、

ダイオウイカなどを迫力の映像で見る深海 シアターなど、今話題の展示です。

夏休みの宿題にも大いに参考になりますね。

国立科学博物館「特別展 深海」 日程

2013年7月6日(土)~10月6日(日)

午前9時~午後5時
(金曜日は午後8時まで)
※入館は各閉館時刻の30分前まで

※夏休み特別開館延長
8月10日(土)~18日(日)
午前9時~午後6時 ただし、
8月16日(金)は午後8時まで
(入館は各閉館時刻の30分前まで)

国立科学博物館「特別展 深海」 グッズは?

なんと、6mの実物大ダイオウイカがあるそうです。

これは持ち帰るのも一苦労ですね。価格はなんと20万円。

いったいどんな人が買うんでしょうか。

 

国立科学博物館「特別展 深海」 混雑状況は

担当者によると、夏休みは非常に混雑するとのことです。

混雑を避けるには、午前中を狙うか、夏休みが終わってから行くのが良いと言うことです。

ぜひ、すいている時間を狙ってダイオウイカの展示を楽しみましょう。

  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録
スポンサーリンク

タグ

このページの先頭へ