イメージ画像

紫外線対策 日傘の正しい差し方で90%紫外線カット 便利な日傘は

スポンサーリンク

5月からは本格的な紫外線対策が必要ですね。日傘もその一つですが、

日傘は差し方によってカットできる紫外線の量がすごく変わってきてしまうんです

正しい差し方を覚えて、しっかり紫外線対策をしましょう。

便利な日傘の情報もあります。

 

正しい差し方で90%カット!普通の差し方だと70%

日傘の正しい差し方は頭のそばに!

日傘の正しい差し方。それは、顔の近くに差すことです

傘と顔・頭との距離が30センチのとき、紫外線は90%カットできます。

 

 

ふつうに指す感じだと、顔と傘の距離が60センチ程度になってしまいます。

顔と傘の距離が60センチ程度ですと、70%程度しか紫外線をカットできません

日傘は短く持ち、顔に近づけて横からも届く紫外線もできるだけカットしましょう。

 

 

便利な紫外線対策 日傘

一石二鳥 扇風機傘で暑さ対策

こんな扇風機傘がでています。紫外線対策で顔に近づけると暑さを感じますが、

この扇風機傘ですと、涼しい風が来ますので暑さ対策にもなり便利ですね。
フジテレビの天達さんも使っていましたね。

紫外線から守る自動開閉日傘

傘を開閉する操作って、結構面倒だったりしますよね。
こんな傘があれば楽ちんです。

  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録
スポンサーリンク

タグ

このページの先頭へ