イメージ画像

冷蔵庫 運搬 コツ 横倒し、横積みすると壊れる?

スポンサーリンク

引っ越し時の荷物で大きいものといえば冷蔵庫ですよね。

でも、冷蔵庫の説明書には運搬時横積み、横倒し厳禁!と書いてあることが多いですね。

なぜ、横積みしてはいけないのでしょうか。横積みすると壊れる?運搬のコツは?

冷蔵庫 横積みすると壊れる?

これが冷蔵庫のコンプレッサー(圧縮機)です。冷蔵庫の裏側に見えるものです。

この中にはオイル(冷凍機油)が入っています。

このコンプレッサーから冷蔵庫のパイプ(冷媒)に適切な状態でオイルとガスを

行きめぐらせることにより、冷やすことができるのですが、

普段コンプレッサーの中にあるオイルが、横積みすることにより、

パイプに回り込んでしまい、正常な動作ができなくなってしまうことが

あります。

そのため、冷蔵庫は横積みしてはいけないといわれているんですね。

冷蔵庫 運搬のコツは?

長時間横積みすると、コンプレッサーの中のオイルが大量に回り込んでしまいますので、

やむを得ず横積みする場合でも、なるべく短時間にすることが大切です。

つぎのポイントを覚えておくと良いでしょう。

運搬前1日程度、コンセントを抜いておく

コンプレッサーの状態を安定させることができます。
使用中はやはりオイルがある程度移動していますので、
コレを安定させることで、移動時の状態の変化を最小限に
とどめることができます。

運搬中はクッションを使用し移動時のショックを和らげる

移動中にガタガタという振動が伝わると、オイルの状態変化が
増大し、運搬後に安定するまで余計な時間がかかってしまいます。
なるべくショックを和らげるように、クッションを敷くようにしましょう。

なるべく真横にせず、できるだけ上部をあげて運搬する

やむを得ず横積みする場合でも、可能な限り上部を高い位置にしましょう。
これにより、コンプレッサーの中身がパイプに回り込む量を
減らすことができます。

運搬後はすぐに使用しない

運搬にかかった時間にもよりますが、すぐに電源を入れるのではなく、

立てて設置した状態で1日程度落ち着かせることをおすすめします。

縦積みで数時間の移動でしたら1時間程度、

横積みの場合はやはり丸一日は落ち着かせてから

電源を入れた方が良いでしょう。

  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録
スポンサーリンク

タグ

このページの先頭へ