イメージ画像

ベーパーロック現象とは?フェード現象とは?違い、対策、予防法は?

スポンサーリンク

ベーパーロック現象により、自動車、バイクなどのブレーキがきかなくなり、事故が発生することがあります。

ベーパーロック現象について正しい情報を確認し、事故防止に役立てましょう。

ベーパーロック現象とは

ヴェイパーロック現象(vapor lock)とも表現され、液圧式ブレーキの液圧系統内部に

蒸気による気泡が発生し、ブレーキを踏んでも力が伝わらなくなることをいいます。

この状態でブレーキペダルを踏んでも気泡が収縮するだけで、ブレーキは効かなくなり

事故の原因となります。

ベーパーロック現象の原因は?

長い下り坂などでフットブレーキを長時間使用することにより、ブレーキ・ドラムが発熱し、

ブレーキ液内に蒸気による気泡が発生します。通常、ブレーキシステムは自動的に

冷却されるようになっているのですが、冷却速度を超えるペースでブレーキを

使用することにより熱の冷却が間に合わなくなることで発生します。

ベーパーロック現象が発生した場合の対策は?

長い下り坂でベーパーロック現象が発生してしまった場合はどうしたら良いのでしょうか。

マニュアル車の場合はギアを段階的に下げ、エンジンブレーキにより速度を下げましょう。
オートマ車の場合もハンドブレーキを併用しながらシフトダウンをし、エンジンブレーキを効かせます。

フットブレーキはできる限り使用を控え、冷却・回復を待ちましょう。

もし、停止が間に合わない場合の最終手段としてはガードレールへの接触、待避所への突入により自動車の停止を試み、

危険な場所への落下を防ぎましょう。

ベーパーロック現象の予防法は?

基本的にはエンジンブレーキを使用し、フットブレーキへの依存を減らすことが重要です。

少しでもブレーキの効きに以上を感じた場合は、早めに停止させ、冷却を待つようにしましょう。

また、ブレーキ液が古くなっていると、ベーパーロック現象が発生しやすくなります。

通常は2年ごとに交換されますが、酷使した場合は交換頻度を上げた方が良いでしょう。

これは箱根の長い下り坂ですが、このような場所ではとくに注意が必要ですね。

エンジンブレーキをしっかり使って走行しましょう。

フェード現象との違いは?

ベーパーロック現象はブレーキ液内の気泡が発生する現象ですが、

フェード現象とはブレーキパッドやシューの加熱により、

摩擦力が低下して効きが悪くなる現象です。

どちらもエンジンブレーキの使用により予防します。

  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録
スポンサーリンク

タグ

このページの先頭へ