イメージ画像

PM1.0とは? PM2.5より凶悪! 花粉と反応してより早く体に侵入

スポンサーリンク

PM2.5より凶悪といわれるPM1.0がニュースになっています。
その特徴、対策をまとめました

特徴は?

埼玉大学大学院理工学研究科の王青躍(オウセイヨウ)准教授は
「PM2.5が花粉と反応をして収縮を繰り返し、より粒子の細かいPM1.0となり肺の奥まで入り込みます
「花粉」+「PM2.5(などの汚染物質)」「水分」=花粉の”爆発”
「PM2.5の化学組成にもよるが、通常の倍のスピードで花粉が爆発する
と解説しています。

いままで花粉症の症状を発症していない人でも、PM1.0の影響により

花粉症を発症してしまうことがあります

大きさは?

PM2.5は直径が2.5μm以下の超微粒子ですので、

PM1.0は直径が1.0μm以下のさらに超微粒子ということになります。

毛髪との大きさを図で比較してみるとこんなに小さいものです。

PM10

とくに注意する日は?

雨の日、そして雨の後の晴れの日は要注意!

「花粉」+「PM2.5」「水分」=花粉の”爆発”により、

PM1.0の発生が進行します。

雨の水分が乾燥するのに伴い多い日で8割程度のPM2.5がPM1.0に移行します。

ですので、雨の日や雨の次の日はしっかりと対策をしていきましょう。

対策は?

・ウイルスを予防できるマスクをする!

・花粉が多い日は洗濯物を干さない

・各測定情報を入手し、汚染がひどいときには外出を控える。

神奈川大気常時監視測定結果(PM2.5)項目別日報[速報値]

東京大気汚染地図情報(速報値)

 
pm2.5 赤ちゃん 影響,対策は?マスクはできる?外出時は?
 

  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録
スポンサーリンク

タグ

このページの先頭へ