イメージ画像

黄砂 いつまで?ピークは?例年のデータ、予報は!?

スポンサーリンク

黄砂 いつまで?ピークは?例年のデータ、予報は!?

4月~5月になっても黄砂は飛んできて、鼻水やくしゃみなどで悩まれる方も多いですね。

黄砂はいったいいつまで続くのでしょうか。ピーク、今後の予想についてまとめました。

これは04/09のニュース公式動画ですがまだまだ中国大陸から日本付近に黄砂が飛来する見込みです

黄砂 ピークは、いつまで

日本では2月から5月の4か月間に年間の約 90% が集中しています。なかでも3月~4月にかけてピークを迎えます。

7月から9月になるとほとんど観測されなくなります。

ですので黄砂の被害が大きいのは5月中旬頃までといえるでしょう。

これは2011年5月2日の鹿児島市です。まだまだ黄砂の影響が見られますね。

黄砂 予報はどこで確認出来る?

気象庁のサイトで黄砂予報があります。

3日先までの情報がありますので、外出や洗車の計画などに役立てましょう。

黄砂予測図 気象庁

黄砂 ピークが2月から5月なのはなぜ?

黄砂の発生地点の状況、偏西風の強さが関係しています。

冬は大陸の表土は雪で覆われているため、風が強くても黄砂は舞い上がりません。

春になると雪が溶け、風が強い日が増えてくるため、黄砂が日本に届くようになります。

夏に近づくと、植物が茂ったり、雨が増えることも有り徐々に舞い上がる量が少なくなります。

  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録
スポンサーリンク

タグ

このページの先頭へ