イメージ画像

赤ちゃん 離乳食 いつから 西原式、桶谷式の時期、アメリカの事例など

スポンサーリンク

赤ちゃんの離乳食っていつからなんでしょうか。一般的な時期って気になりますよね。

いちご、なめこ、バナナ、などなどいろいろな食材がありますがアレルギーって大丈夫!?

西原式、桶谷式の時期は?アメリカなど世界的に見るとどうなんでしょうか。

各方面の情報を集めました。

離乳食 いつから? 一般的には

5ヶ月~6ヶ月ぐらいから離乳食を与えるのが一般的です。

母子健康手帳に5~6ヶ月と記述されていることもあり一般的となっていますが、

個人差があり、さらにゆっくりと離乳食を与える場合もあるようです。

離乳食 いつから? 西原式は?

西原式では母乳で1歳まで育てることを推奨されています。離乳食は1歳以降ですね。
妊娠中、乳児期、幼児期、それぞれの段階での元気な子どもに育てるために
知っておきたい知識、現代の子どもを健康で丈夫にする方法など、
病気にかからない強いカラダをつくるための「本当の子育ての知恵」が著書にて解説されています。

ですが、一般的な時期からは差があるため、実践するのはなかなか周囲の目もあり大変なようです。
ヤフー知恵袋

離乳食 いつから? 桶谷式は?


5~6ヶ月ではタンパク質を与えず、
7~8ヶ月から白身魚やとうふを与え始める。
9~11ヶ月になったら、油の少ない青魚・納豆・煮豆・ささみや胸肉のだし・ヨーグルトを試してみる。
油脂類はアレルギーを起こしやすいので10ヶ月以降。
そして、卵黄の固ゆでと肉そのものは1歳以降。
牛乳も1日に300~400ml以内。出汁や砂糖は1歳から。
と、一般的な時期よりもやや遅めですね。

離乳食 いつから? アメリカは?

日本の母子健康手帳に5~6ヶ月と記載されているのは、昭和41年に、スポック博士の育児書が日本で翻訳されたのが

影響されていると言うこともあり、日本と大きな差はないようです。

ですが、アメリカの方が若干ゆっくりと言うことが多いようです。

参考ブログ

世界母乳育児行動連盟(WABA)は、「生後6ヶ月は母乳だけでOK!」という方針をグローバル・スタンダードとして掲げています。

離乳食 いちご

離乳食 バナナの蒸しパンの作り方

  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録
スポンサーリンク

タグ

このページの先頭へ