イメージ画像

ヒョウモンダコ 猛毒注意 食用や飼育は?写真や動画 水族館情報

スポンサーリンク

フグ並の猛毒を持つヒョウモンダコの目撃のニュースが各地から届いています。

触れたら危険!ヒョウモンダコを見分けるための情報をまとめました。

ヒョウモンダコ 写真

NetNihonkaiのニュース動画です。この写真は青いヒョウのような模様が浮き上がってるヒョウモンダコです。

通常時はこのような模様はないのですが、刺激を受けて怒ったりするとこのような模様が浮き出てくるのです。

ヒョウモンダコ 猛毒成分は?

ヒョウモンダコの唾液には、フグと同じ猛毒「テトロドトキシン」が含まれます。

動脈などをかまれると、脳へ回り、めまいや呼吸困難を引き起こします。

青酸カリの850~1000倍の強さがあり、成人の場合、

2ミリグラム前後が致死量で、オーストラリアで死亡例があるほどです。

ヒョウモンダコ 生息地は?

もともとは暖かいところを好むタコで、太平洋側の千葉県あたりまでで

生息が確認されてきましたが、最近では日本海側の福井県までの海岸

目撃されています。

温暖化による海水温の上昇で生息域が北上しているということが考えられます。

海水浴のシーズンになりますが、ヒョウモンダコを見つけても、

決して触らないように注意しましょう。

ヒョウモンダコ 食用は?

ヒョウモンダコ 食用になるのでしょうか?フグのように、

猛毒「テトロドトキシン」をよければ食べることは可能ですが、

大きさも小さいですし、特別このヒョウモンダコならではの味わいが

あるというわけではないですので食用には適していません。

間違ってテトロドトキシンを摂取しないように十分注意しましょう。

ヒョウモンダコ 鑑賞できる水族館は?

新江ノ島水族館

神奈川県藤沢市の新江ノ島水族館ではヒョウモンダコが展示されています。

相模湾キッズ水槽の小さなケースの中にいるヒョウモンダコの生態を鑑賞できます。

ここでヒョウモンダコの特徴を良く覚えて、海で見かけたときには

絶対に触らないように注意しましょう。


大きな地図で見る

  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録
スポンサーリンク

タグ

このページの先頭へ