イメージ画像

ゲリラ豪雨 集中豪雨 予報 いつまで 原因 気象庁の分析では?

スポンサーリンク

ゲリラ豪雨 予報 いつまで 気象庁の分析では?

「これまでに経験したことのないような大雨」という記録的な豪雨により各地で被害がでています。

こうした豪雨、今年は例年より非常に多く発生しており、いったいいつまでこの状況が続くのか

心配ですね。

この豪雨、大雨を心配する必要があるのはいつまでなのかまとめました。

最近の被害では、東北地方、岩手県では被害総額は113億。

兵庫県では小野市内の倉庫1棟が全壊。

また床上浸水は16棟、床下浸水は非住家も含め72棟にのぼり、尼崎市内の道路で転倒した2人が軽傷。

青森県まとめでは豪雨被害は5300万円となっています。





ゲリラ豪雨 予報 いつまで 気象庁の分析は?

山口・島根気象庁は東北地方の豪雨も、日本海上の寒冷渦が原因と分析しています。

日本海の上空5千メートル付近に、移動速度が遅い「寒冷渦」と呼ばれる低気圧が発生し、

中国大陸からの暖かく湿った空気が、低気圧の周囲を回り込むように流れ込んだのが要因とかんがえています。

この気圧配置は一時的にかわるものの9月中旬ぐらいまでは同様の気圧配置となる場合が有り、

記録的な豪雨となる可能性があります。

また9月以降は台風に伴う豪雨も予想されますので、しばらくは気象情報に注意が必要です。

秋田県、岩手県を中心に記録的な大雨。気象庁データ

  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録
スポンサーリンク

タグ

このページの先頭へ