イメージ画像

カルガモ 赤ちゃんが生まれる繁殖期は?東京のカルガモスポットは?

スポンサーリンク

カルガモの親子、カワイイですよね。東京でもカルガモが観察できますよ。

赤ちゃんが生まれる繁殖期は?東京のカルガモスポット、カルガモの敵についてまとめました。

有名なのは三井物産の人工池。でも他にもあります!

 

カルガモ 繁殖期は?

関東のカルガモの場合、4月上旬に卵を産み、5月上旬にヒナ、赤ちゃんが生まれます。

ゴールデンウィーク頃、かわいい赤ちゃんがお目見えしますね。

 

東京都足立区の東綾瀬公園では 2013年5月7日 11羽のカワイイ赤ちゃんが誕生しました。

前日から強風という荒天のなか、すぐに泳ぎ出しました!

さっそく地域住民の人気者となっています。



東京のカルガモスポットは?

東京都足立区 東綾瀬公園

毎年、複数の親子が卵を産み、20羽ほどのヒナがかえります。

かなりのスピードで泳いだり、水面で立ち上がるようにパタパタしたりすごくカワイイですね。

東京都足立区綾瀬六丁目

大きな地図で見る




大手町 三井物産人工池

ニュースでも取り上げられますし、三井物産のCMにも登場するカルガモ親子。

道路を渡って引っ越しをする様子も有名になりましたね。
CMはこちら。
http://www.mitsui.com/jp/ja/company/commercial/cm/


大きな地図で見る

東京都港区 芝浦西運河

「港区ベイエリア・パワーアッププロジェクト」の『カルガモプロジェクト』により

渚橋付近に設置した「人工巣」でカルガモの ヒナが誕生しています。
ゴールデンウィークから7月後半まで、数回にわたってヒナの誕生があり、

8月頃まで子育ての風景を見ることができます。
2013年は9羽のヒナが4月27日に生まれました。
カルガモプロジェクトによるライブ中継もあります。
http://kamopro.com/
日本テレビ・スッキリでも特集されましたね。

港区芝浦4丁目

大きな地図で見る




カルガモ 敵は?

カルガモは10羽生まれても、大人まで成長できるのは2~3羽ぐらいです。

池の中にはカルガモの敵がたくさんいます。

 

こんなカメさんたちもカルガモを攻撃することがあるんです。

そして、ヒナが多すぎると親ガモが調整のため

ヒナを攻撃することもあるんですね。

そんなわけで、たくさんの雛が生まれても大人になるのは本当にわずかです。

がんばって大人になってほしいですね。

  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録
スポンサーリンク

タグ

このページの先頭へ